大阪名物 お好み焼 星月
コンテンツ
トップページへ
お店情報
お品書き
お飲み物
交通案内
こだわりオヤジのこだわりの味!大阪風お好み焼き
名物店主が待ちかまえるこのお店、お好み焼き『星月』(せいげつ)は、秋田にいながらにして本場・大阪の味を楽しめる。大阪で修行を積んだ店主・早川さんが、秋田に店を構えたのは29年前。以来、焼き方、食べ方、鉄板までにこだわって愛するお好み焼き本来の味を大切に守り続けている。お客さんに中途半端なものを食べさせたくない!というこの店には、たくさんの掟があるのだ。
掟@ お客さんには絶対やかせない!
客が勝手に焼いて、焼き上げる前に食べるなんてとんでもないのである。と、同時にこちらのお好み焼きは衣が少なく野菜と卵のつながりがおいしく焼きあげるポイントになる。素早く具を混ぜ合わせ、水分を上手にとばしてあげなくてはならないので素人には難しいのだ。衣が少ないので深夜に食べても胃にもたれず、カロリーも控えめなので女性に嬉しいというわけ。お客さんはただただじ〜っと待っている。まさに忍耐の時である。語り始めたらとまらない、店主のお好み焼きウンチクを聞きながら焼き上がりを待つ。
掟A 箸を使わせない!
おいしく焼き上がったお好み焼きは、専用のヘラを使って食べるべし。自分の口にあわせてヘラで切り、そのまま食べるのがエチケットだとか。ヘラが熱くてなかなか大変なのだが、それに耐えるのも星月流。やわらかくてふわふわっとした食感がたまらない。これぞ本場の味なのだ。
ほかにもメニューが充実しているが、ちょっと珍しいのが焼きそば。こちらで焼きそばを注文するとなぜか生卵もついてくる。ソース味の焼きそばに、生卵をつけて(すき焼きのように)食べるという意外な組み合わせがまたウマイ。こちらもオススメである。
最新情報&TOPICS
  お品書き「べこどろぼう(写真)」公開しました。
  ホームページ公開中です。
秋田の飲み屋検索サイトNIGHTCATS